ARDIO(R)

「ARDIO(R)」の基本情報

システム名:社会保険労務システム ARDIO(R)

主要機能早見表
   
アラート機能 クラウド
システム
既存システム
との併用
法改正の自動更新 本人入力機能
× ×
料金体系
料金 サポート内容 主なサービス
要問い合わせ 訪問サポート、電話サポート 無料プラン:掲載なし
無料トライアル:掲載なし
推奨人数:あらゆる規模に対応

「ARDIO(R)」の特徴をチェック!

三菱グループが提供するワンストップサービス

「ARDIO(R)」は、三菱電機ビジネスシステムが提供する労務管理システムです。

社労士向けとして発売されたのが1973年。以来、必要なサービスを付加した一般企業向けのソフトウェアを開発し、企画から導入、アフターサポートまで一貫したサービスを提供しています。

特許取得のオリジナル電子申請サービス

「ARDIO(R)」では、e-Gov電子申請や照会に関する技術について、独自の公文書配信サービスを使用しています。

電子申請については、雇用保険データや算定基礎届などファイル出力された各種データをe-Govの申請画面から読み込み、ワンクリックで申請完了というシンプルな構造です。

また、照会に関しても「ARDIO(R)」の画面上で日時指定や手続きなどの条件設定をすれば、e-Gov電子申請システムへ状況照会することができ、リアルタイムで把握できます。

この申請、照会に関する技術について、「ARDIO(R)」は特許を取得しています。

専門集団による手厚いサポート体制

専門知識が豊富な複数の専任スタッフによる手厚いサポートも、「ARDIO(R)」を選ぶメリットでしょう。

導入前には、社会保険労務業務に詳しいコンサルティング営業が、自社の業務内容や課題などをヒアリングしたうえで、最適なシステムを提案してくれます。

導入時には、システム設定や操作指導はもちろん、導入後も電話対応やシステム保守などシステムの運用をバックアップしてくれるようです。

「ARDIO(R)」利用者の評判

迷わないシンプルな画面構成が魅力です

シンプルな操作画面に惹かれ、「ARDIO(R)」に移行しました。既存のERPとも連携しており、実務担当者も迷うことなくスムーズに移行できましたし、操作も簡単。不安だった電子申請も、導入から3ヵ月ほどで軌道に乗りました

引用元:三菱電機ビジネスシステム公式サイト
https://www.melb.co.jp/case/case_1282.html

作業のスピードアップが図れました!

シンプルな画面構成だけど、論理的に作業を進められるよう設計されていることも、選定時のポイントでした。作業者の思考を妨げることなく作業できるので、作業のスピードアップにも貢献しています。

引用元:三菱電機ビジネスシステム公式サイト
https://www.melb.co.jp/case/case_393.html

APIクンのおすすめポイント

api_コンテンツ内

大手メーカーのソフトウェアだから信頼できるし、使いやすさ、機能、サポート体制の3つがしっかりそろっているサービスだね。

ただ、価格がホームページに記載されていないので高そうな感じもするよね。

他の労務管理システムにも、同等のサービスでリーズナブルな価格で提供しているところもあるので、十分に比較検討したうえで選ぶようにしようね。

e-Govを使いこなすならズバリこれ!おすすめ外部連携API3選!

対応帳票数97種!
法改正も自動で更新
オフィスステーション

利用月額
(50人相当)
100円
/1ユーザー
対応帳票数
90種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

帳票はすべて台帳マスタに紐づいており、帳票に入力した内容が台帳にも自動入力されますから、申請書類作成の時間を大幅に短縮可能。

オフィスステーションの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

クラウドで
従業員情報を一元管理!
ジョブカン

利用月額
(50人相当)
500円
/1ユーザー
対応帳票数
7種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

従業員情報の項目は自由にカスタマイズでき、会社に必要な情報を多様な形式で情報収集し、労務業務をしっかりサポートしてくれます。

ジョブカンの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

経費精算・処理に関する
機能も搭載
freee

利用月額
(50人相当)
355円
/1ユーザー
対応帳票数
27種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

「会計freee」と連携させることで、従業員ごとの承認された経費精算額を、給与に自動反映させることも可能。

freeeの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

e-Gov外部連携API対応
ソフトウェア・サービス一覧