e-AMANO人事届出サービス

「e-AMANO人事届出サービス」の基本情報

主要機能早見表
アラート機能 クラウド
システム
既存システム
との併用
法改正の自動更新 本人入力機能
- -
料金体系
料金 サポート内容 主なサービス
月額9,000円~(利用人数によって変動) メールサポート 無料プラン:×
無料トライアル:〇
推奨人数:あらゆる規模に対応

他のe-Gov対応の外部連携APIと比較してみる

「e-AMANO人事届出サービス」の特徴をチェック!

e-Gov電子申請を直接行えるクラウドサービス

e-AMANO人事届出サービスは、人事労務にかかわる手続きを一元化してオンラインで一括管理できるクラウド型の労務管理サービスです。マイナポータル電子申請にも対応しており、e-AMANO人事届出サービスがあればそのままe-Gov電子申請を完了することができます。

クラウドサービスなのでインターネットを活用できる環境と機器があれば、導入に際して特別なソフトやハードを必要とせず、速やかにシステムを業務フローへ取り込むことが可能です。

マルチデバイス対応で大規模企業にも最適化

パソコンやスマホ、タブレットなど、複数のデバイスに対応しており、管理者も従業員も自宅にいながら手続きを行うことができます。加えて、従業員が利用する際は質問に従って必要事項を入力したり、「はい・いいえ」のどちらかを選んだりするだけで済むため、普段あまり手続きをしない人でも迷わず利用することができます。

また、e-AMANO人事届出サービスの利用料は利用人数に応じた月額制となっており、利用人数そのものに上限がないため、大企業やグループ企業などにとっても利用しやすいことは見逃せません。ただし、利用人数が1001人以上となる場合、利用料金は別途見積もりとなるため、早期の導入を希望する際は早めに相談すると良いでしょう。

無料トライアルで有効性を確認

e-AMANO人事届出サービスでは利用者が導入前にシステムの有効性を確認できるよう、30日間の無料トライアル期間が設定されています。

無料体験期間中は利用人数が5人となり、e-Gov電子申請などとの連携ができないといった制限もありますが、システムの使い方や基本の仕組みは実際のUIを用いてチェックできるため、まずはトライアルによって自社ニーズとのマッチングを考えることが大切です。

他のe-Gov外部連携APIの特徴を比較する

「e-AMANO人事届出サービス」利用者の評判

業務のミスが減って作業効率が向上した

従来のe-Gov電子申請サイトを利用していましたが、1届出ずつ電子証明書をセットしたり、申請内容に誤りがあると最初からやり直しなど非常に手間がかかっていましたが、 e-AMANOを利用することで届出のステータスもe-AMANO上で確認でき、進捗管理が容易になりました。

使いやすくてスムーズに導入できた

入社手続きでは書類の提出が多く、また人数が多くなれば管理も大変でした。 紙面ではなくデータ管理での効率化を検討していたところ、e-AMANOを知り使ってみることにしました。

従業員が使いこなせるかが心配でしたが、スマホやパソコンから手続きが可能で、 「はい」「いいえ」を中心とした簡単な質問なので、抵抗なく利用することができました。 入社手続きの申請が終われば電子データで資格取得届が完成するので、あとは電子申請するだけとなります。

APIクンのおすすめポイント

api_コンテンツ内

クラウド型のサービスなので、コスト面でも環境面でも導入のハードルが低いことはメリットだね。

ただし、APIシステムには色々なメーカーの製品やそれぞれの特徴があるので、まずは無料トライアル版を使って自社に適しているかきちんと確認していこう!

e-Govを使いこなすならズバリこれ!おすすめ外部連携API3選!

対応帳票数97種!
法改正も自動で更新
オフィスステーション

利用月額
(50人相当)
440円
登録人数・アカウント無制限
対応帳票数
109種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ 専任スタッフ

帳票はすべて台帳マスタに紐づいており、帳票に入力した内容が台帳にも自動入力されますから、申請書類作成の時間を大幅に短縮可能。

オフィスステーションの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

クラウドで
従業員情報を一元管理!
SmartHR

利用月額
(50人相当)
600円
/1ユーザー
※2021年10月時点、公式HPで料金が確認できません
対応帳票数
約10種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ 専任スタッフ

労務手続き、Web給与明細の発行も可。オプション機能や連携サービスの活用で会社にあった使い方ができます。

SmartHRの
詳細を公式HPで
チェックする!

経費精算・処理に関する
機能も搭載
ARDIO(R)

利用月額
(50人相当)
要問合せ
/1ユーザー
対応帳票数
不明
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ 専任スタッフ

パッケージプラス®マイナンバーロッカーシステムと連携しマイナンバーの管理も可能。

freeeの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

e-Gov外部連携API対応
ソフトウェア・サービス一覧

※当サイトで紹介しているe-Govの外部連携APIの中から2019年4月時点で初期費用無料、アラート機能、クラウドシステム、既存システムとの併用のAPIをピックアップ

               

e-Govが公式に認定している外部連携APIシステムを操作性や機能、価格で徹底比較。必要な機能をしっかり見極めて、業務改善にぜひ活用してください!

詳細を見る