PSD労働社会保険

PSDの基本情報

システム名:PSD労働社会保険

主要機能早見表
アラート機能 クラウド
システム
既存システム
との併用
法改正の自動更新 本人入力機能
-
他ソフトとの連携後
- -
料金体系
料金 サポート内容 主なサービス
要問い合わせ TEL,FAX 無料プラン:掲載なし
無料トライアル:掲載なし
推奨人数:あらゆる規模に対応

PSDの特徴をチェック!

全国販売から20年

PSD労働社会保険は全国発売から20年の実績をもつ社会保険業務のトータルシステムです。日本の公的保険制度は大変革の時代に突入しており、法改正が頻繁に行われています。PSD労働社会保険はその長い歴史から、従業員の20名前後の中小企業から4万名規模の大企業まで、一般企業、官公庁問わず幅広い規模の多様な業種の企業への導入実績があります。それら幅広いユーザにより支えられた実績は、あらゆる保険業務の羅針盤となり、労務管理業務の大幅な効率化によって労務担当者の業務の牽引とバックアップを強力にサポートします。

電子申請にもいちはやく対応し、使いやすい

厚生労働省の電子申請に日本で最初に対応したのがPSD労働社会保険です。電子申請対応の導入事例では情報化月間会議より平成20年度情報化促進貢献情報処理システム表彰を受賞しています。社会保険事務所提出用フォーマットや厚生年金基金、健康保険組合の仕様に準拠したPFDを作成可能です。また、マウスクリックのみで申請操作可能な一括申請ナビゲーターの搭載により、従来の電子申請の使いにくさを補い、利便性を向上させています。さらにガイダンス機能の搭載も特徴のひとつです。どのような場合にどの申請書をいつまでにどこの役所に出せばよいか、簡単に検索できるので社会保険にあまり精通していない人でもすぐに業務に取りかかれます。

一括申請システムと一括ナビゲーター

PSD労働社会保険の注目ポイントは一括申請システムです。電子証明書の登録、提出先情報の登録、添付書類画像の登録、これらの登録を事前に行っておくことで通常の申請書印刷と同様の操作で申請データを作りだし、送信用の申請書ZIPファイルを作成してくれます。これにe-Govの自動起動、パーソナライズIDとパスワードの自動セット、自動ログインを組み合わせたことで、簡単な操作だけで申請書の送信も可能。さらに一括申請ナビゲータを使用すれば、送信用申請書ファイルの作成からe-Gov自動起動、自動ログイン、ファイル送信、送信結果情報の自動取得までの手順を数回のクリックだけで行えます。

PSD利用者の評判

口コミは現在ございません

APIクンのおすすめポイント

api_コンテンツ内

平成20年度情報化促進貢献情報処理システム表彰を受賞している確かな実績をもつシステムだね。

歴史もあって電子申請の対応にいちはやく取り組んできたのも信頼感があるね。

面倒な作業を数クリックで済ませられる一括申請ナビゲータがすごく便利そう。

あとはコスト面がどうなのか知りたいところだね。他の労務管理システムと比較検討してメリット・デメリットをよく考慮して選ぶようにしよう。

e-Govを使いこなすならズバリこれ!おすすめ外部連携API3選!

対応帳票数97種!
法改正も自動で更新
オフィスステーション

利用月額
(50人相当)
100円
/1ユーザー
対応帳票数
90種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

帳票はすべて台帳マスタに紐づいており、帳票に入力した内容が台帳にも自動入力されますから、申請書類作成の時間を大幅に短縮可能。

オフィスステーションの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

クラウドで
従業員情報を一元管理!
ジョブカン

利用月額
(50人相当)
500円
/1ユーザー
対応帳票数
7種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

従業員情報の項目は自由にカスタマイズでき、会社に必要な情報を多様な形式で情報収集し、労務業務をしっかりサポートしてくれます。

ジョブカンの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

経費精算・処理に関する
機能も搭載
freee

利用月額
(50人相当)
355円
/1ユーザー
対応帳票数
27種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

「会計freee」と連携させることで、従業員ごとの承認された経費精算額を、給与に自動反映させることも可能。

freeeの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

e-Gov外部連携API対応
ソフトウェア・サービス一覧