e-Gov用語辞典

e-Gov利用でよく使われる用語を解説

e-Gov電子申請システムを利用していると、聞きなれない単語がいくつか出てきます。そこで、e-Gov電子申請システムの利用でよく使われる用語についてまとめました。

外部連携API

申請データの作成や申請、公文書取得といったe-Govが提供するデータや機能を、外部のソフトウェアを活用して利用するための規約です。外部連携APIを活用することで、各種申請を効率的に進められるようになります。なお、代表的な外部連携API業者には、オフィスステーション、SmartHRなどがあります。

官職証明書

政府認証基盤(GPKI)で発行される証明書。行政機関から発行される各種公文書で、電子署名された電子証明書などを指します。

官職署名

政府機関が申請者に対して通知する内容が、正しいものであると証明すること。または、その電子署名。申請内容が政府機関の証明したものであることや、内容が改ざんされていないことなどを示す際などに付与されます。

構成管理情報

申請を行った手続データに、属性情報を付与して格納した情報ファイルのこと。1つ1つの申請手続きごとに必ず付与されており、各種署名が必要な手続きには、その署名情報も含まれます。

個別ファイル署名

申請書や、それに添付する書類などに電子署名を付与する手続きのこと。e-Govでは「個別ファイル署名手続」のページに記載されている手続きが対象となります。申請の際には、申請データを保存するときに発行される「預かり票」を使用して提出します。

申請・届出パック(グループ申請)

複数の手続を行う際、重複入力を省けるしくみ。例えば、社名や住所など同一項目の記入も、申請・届出パック(グループ申請)をしておけば何度も入力する必要がなくなり、効率よく申請ができるようになります。

電子署名

紙文書における印章やサインに相当する署名。公開鍵暗号方式にのっとり、電子文書の証明や、内容に改ざんされていないことの保証などができます。また、申請者が確かに発信した正式な文書であることを証明できます。

電子証明書

電子申請をする際に、申請者本人であることを電子的に証明したり、電子データの安全性を確保したりするための証明書。実印や印鑑証明書に相当します。e-Govの一部手続きでは、本人に代わって代理人が電子申請をすることも可能ですが、その場合、代理人と本人の電子証明書が必要です。

電子納付

行政手数料などを支払う際に、ATM(現金自動預け払い機)やインターネットバンキングを利用して納付すること。または、そのサービスです。金融機関に出向く必要がないため、いつでもどこでも納付できます。

添付書類

e-Gov電子申請システムで申請する必要がある書類(ファイル)のうち、e-Gov電子申請システム以外のシステム等で作成した書類のこと。添付書類は、ファイル形式が定まっている手続きもあるため、作成時にはあらかじめ確認しておく必要があります。

問合せ番号

申請書の状況照会を行う際などに必要となる番号の1つ。申請完了時、到達確認画面に表示されますので、この画面を印刷または保存をしておく必要があります。なお、問合せ番号を忘れた場合には、「到達番号照会・問合せ番号再発行依頼」フォームから再発行を依頼します。

到達番号

申請書の状況照会を行う際などに必要となる番号の1つ。申請・届出手続が完了した際に到達確認画面に表示されます。到達番号を忘れると状況照会などができなくなるため、必ず保存しておく必要があります。忘れたり紛失した際には再発行もでき、「到達番号照会・問合せ番号再発行依頼」フォームから依頼します。

納付情報

国庫金の電子納付をする際に必要な情報。具体的には、官公庁から発行される「収納機関番号」「納付番号」「確認番号」のことです。

連名申請

申請や届出を、複数の申請者が連名で行う手続のことです。e-Govで連名申請が可能な手続は、手続案内に「連名可」と表示されています。ただし、厚生労働省で「連名可」と表示されている手続は代理人など複数人の署名が可能という意味であり、連名申請が可能ということではないので、注意が必要です。

ワークフォルダ

e-Gov電子申請システムで申請や届出を行う際、一時的に使用するフォルダのこと。使用しているパソコンに、ワークフォルダを指定する必要があります。申請・届出をしている最中に、このフォルダを削除したり名称変更をしたりすると、申請ができなくなるので注意が必要です。なお、申請・届出後には自動的に削除されます。

e-Gov電子申請アプリケーション

e-Gov電子申請システムの利用に必要となるアプリケーション(ソフトウェア)。申請や届出を行うパソコン等では、事前にこのアプリケーションをダウンロードしておき、利用時にはアプリケーションを立ち上げて行います。

.NET Framework

e-Gov電子申請アプリケーションを利用する際に必要となる、マイクロソフトのソフトウェア。このソフトウェアがインストールされていないパソコンでは、e-Gov電子申請アプリケーションが利用できませんので、事前にダウンロード・インストールしておく必要があります。

e-Govを使いこなすならズバリこれ!おすすめ外部連携API3選!

対応帳票数97種!
法改正も自動で更新
オフィスステーション

利用月額
(50人相当)
100円
/1ユーザー
対応帳票数
90種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

帳票はすべて台帳マスタに紐づいており、帳票に入力した内容が台帳にも自動入力されますから、申請書類作成の時間を大幅に短縮可能。

オフィスステーションの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

クラウドで
従業員情報を一元管理!
ジョブカン

利用月額
(50人相当)
500円
/1ユーザー
対応帳票数
7種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

従業員情報の項目は自由にカスタマイズでき、会社に必要な情報を多様な形式で情報収集し、労務業務をしっかりサポートしてくれます。

ジョブカンの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

経費精算・処理に関する
機能も搭載
freee

利用月額
(50人相当)
355円
/1ユーザー
対応帳票数
27種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

「会計freee」と連携させることで、従業員ごとの承認された経費精算額を、給与に自動反映させることも可能。

freeeの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

e-Gov外部連携API対応
ソフトウェア・サービス一覧