使いにくいe-Gov徹底マニュアルガイド! » e-Govのよくあるエラー

e-Govのよくあるエラー

こんなときどうする?e-Govのエラー対処法

e-Gov電子申請システムを使っていると、エラーメッセージが突然表示されることがあります。そんなエラーメッセージの原因と対処法についてまとめました。

よくあるのが、基本情報画面での入力や申請書の作成を終えて、次に進もうとしたときに現れる「エラーコード9999」や「指定可能な文字以外が指定されています」といったメッセージ。「一生懸命に打ち込んだのに次に進めない」「もう一度最初からやり直さなければいけない」という状況に、モチベーションがダウンしてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ただ、状況によってはすぐに解決して、やり直しを回避できることもあります。エラーメッセージが出たら、まずは原因を突き止め、一つひとつ対応していきましょう。

ここでは、作業中によく表示されるエラーメッセージをピックアップして紹介します。困ったときには、こちらの解決策を読んで対処していただければ幸いです。

「エラーコード9999」と表示された

エラーメッセージの内容

「原因が不特定のエラーが発生しました。電子政府利用支援センターまでご連絡ください。エラーコード9999。」
「F5GCDialog.exeは動作を停止しました。」

突然「9999」という数字が現れ、驚かれる方も多いのではないでしょうか。

このメッセージ、ちょっと面倒なのが「原因が1つではない」という点。そのため、対処法もいくつか試してみなければ、解決するかわからないのです。

エラーコード9999の解決策を、いくつか紹介しましょう。

>「エラーコード9999」の解決策を見る

「指定可能な文字以外が指定されている」と表示された

エラーメッセージの内容

「指定可能な文字以外が指定されています」
「ファイル名に指定できない文字が使用されています。」

基本情報や申請書作成後によく表示されるエラーメッセージです。

原因はメッセージにある通り「指定されていない文字を使っている」ことにあります。エラーの原因となっている文字とは、どれを示すのでしょうか?

一般的によく使われていても、e-Gov電子申請システムでは”通用しない文字”について説明します。

>「指定可能な文字」の解決策を見る

「スクリプトでエラーが発生」と表示された

エラーメッセージの内容

「このページのスクリプトでエラーが発生しました」
「電子申請に必要なプログラムの呼び出しに失敗しました。」

2018年11月以降、上記のエラーメッセージが頻繁に発生しているようです。

この原因は、e-Govのシステム側にありました。その原因とは?

現在、対処法として2つの手法が公式サイトから発表されています。その方法も紹介します。

>「スクリプトでエラーが発生」の解決策を見る

e-Govを使いこなすならズバリこれ!おすすめ外部連携API3選!

対応帳票数97種!
法改正も自動で更新
オフィスステーション

利用月額
(50人相当)
100円
/1ユーザー
対応帳票数
90種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

帳票はすべて台帳マスタに紐づいており、帳票に入力した内容が台帳にも自動入力されますから、申請書類作成の時間を大幅に短縮可能。

オフィスステーションの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

クラウドで
従業員情報を一元管理!
ジョブカン

利用月額
(50人相当)
500円
/1ユーザー
対応帳票数
7種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

従業員情報の項目は自由にカスタマイズでき、会社に必要な情報を多様な形式で情報収集し、労務業務をしっかりサポートしてくれます。

ジョブカンの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

経費精算・処理に関する
機能も搭載
freee

利用月額
(50人相当)
355円
/1ユーザー
対応帳票数
27種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

「会計freee」と連携させることで、従業員ごとの承認された経費精算額を、給与に自動反映させることも可能。

freeeの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

e-Gov外部連携API対応
ソフトウェア・サービス一覧