e-Govの申請方法

【STEP1】パーソナライズ機能を使おう

e-Govで電子申請を行うためには、最初に「パーソナライズ」を開設する必要があります。開設するとパーソナライズ機能が使えるようになり、よく申請する手続きや申請済みの案件を登録したり、事務処理状況などの照会、申請情報の管理ができるようになり、利便性が高まります。

パーソナライズ機能を利用するためには、①パーソナライズを開設、②パーソナライズの登録、③パーソナライズの照会、の3つのステップを踏む必要があります。

①パーソナライズを開設

開設画面開設画面2


引用元:電子政府の総合窓口e-Gov
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help51.html
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help511.html

e-Gov 電子申請トップページの『パーソナライズの開設』をクリックし、パーソナライズ画面で必要事項を入力し、『進む』ボタンをクリック、最後にパーソナライズ開設確認画面で登録確認番号を入力し、『登録』ボタンをクリックします。

②パーソナライズの登録

登録画面


引用元:電子政府の総合窓口e-Gov
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help61_index.html

パーソナライズ登録は、到達確認画面、もしくは状況照会画面で、『パーソナライズに登録』ボタンをクリックし、次いで『パーソナライズ情報登録』を実施して完了です。

パーソナライズの照会

照会画面照会画面2


引用元:電子政府の総合窓口e-Gov
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help11_index.html

照会時はe-Gov電子申請トップページから『パーソナライズログイン』をクリックしログイン、パーソナライズ画面を表示させます。パーソナライズ画面には登録した手続き情報やすでに申請した案件の一覧が表示されていますので、『到達番号』をクリックすれば当該案件の状況を照会できます。

api_コンテンツ内

パーソナライズ開設をしておけば、申請の状況照会を行うときに、到達番号や問い合わせ番号を入力できるから、とても便利だよ。

【STEP2】申請したい手続きを探す

パーソナライズの開設・登録を終えたら、いよいよ電子申請が可能になります。自分が申請したい手続きを選びましょう。
※ここでは「雇用保険被保険者資格取得届」を例に説明をしていきます。

申請画面検索画面


引用元:電子政府の総合窓口e-Gov
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help11.html
  1. 申請を行う手続きの検索をする場合、始めに「e-Gov 電子申請システム」ページを開き、『申請(申請書・代理人)』をクリックしてください。
  2. 検索画面が開くので、入力フォームに「雇用保険被保険者資格取得届」と打ち込みます。
  3. キーワード入力後、検索結果が表示されるので、その中から申請したい手続きを選択します。事前に添付書類が必要かどうかを確認してから、『申請する』を選択してください。
キャリアウーマン_コンテンツ内

手続きの検索結果はたくさん表示されるのね。思った以上に種類が多くて驚いたわ‥。

api_コンテンツ内

その通り!種類が多いので間違わないよう注意してほしいね。それから同種の手続きでも、年月日や添付方式によっても分類されているので、この辺りもしっかりチェックしておきたいところ。

キャリアウーマン_コンテンツ内

添付書類は必ず必要なの?

api_コンテンツ内

添付書類は必要な場合とそうでない場合があるよ。確認するには、案件ページ内の「書面による手続に関する情報」の『添付書類・部数』の項目を見てほしい。この欄に詳しい情報が記載されているよ。

【STEP3】基本情報を入力する

手続の検索・選択を終えたら、次に基本情報の入力を行います。

申請画面検索画面


引用元:電子政府の総合窓口e-Gov
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help11.html#about02
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help111.html
  1. 「基本情報入力」画面で『申請者・届出者の情報』と『連絡先に関する情報』を入力してください。入力項目は氏名・法人および団体の名称・部門の名称・郵便番号・住所など複数ありますので、順番に間違いのないよう確認しながら入力しましょう。
  2. 基本情報を入力し終えたら、『提出先の選択』をクリックし、「提出先選択」画面のプルダウンメニューから提出先を選択し『設定』をクリックします。すると「基本情報入力」画面に戻るので、『ファイルに保存』をクリックして入力情報を保存してください。
    ※保存しておくと、次回からの申請が早くなります。
  3. 「証明書の選択」という画面が表示されるので、一覧から電子申請で使用する証明書を選び、OKボタンをクリックします。
    ※これで申請データに署名用電子証明書が添えられました。

以上で基本情報入力から電子署名までの手続きは完了です。残りは申請書の提出のみですが、データが消えないようにフォルダを作って申請データを保存しておきましょう。

キャリアウーマン_コンテンツ内

基本情報は入力項目が多いから注意が必要ね。

api_コンテンツ内

そうだね。でも、基本情報は一度入力して保存しておけば、次からは入力しなくてよくなるよ。

【STEP4】電子申請を行なう

申請画面


引用元:電子政府の総合窓口e-Gov
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help112.html

「申請意思確認」ページの左側『申請一覧』から申請を行う手続きにチェックを入れ、『送信する手続きの確認』で申請届書を提出する最終確認を行い、『チェックした申請届出書を提出』をクリックしてください。これで電子申請の手続きは全て完了です。

電子公文書の取得は、e-Gov電子申請システムにより状況照会を行うことで可能になります。手順は以下の通りです。

状況照会画面検索画面


引用元:電子政府の総合窓口e-Gov
https://www.e-gov.go.jp/help/shinsei/manual/help41.html#anchor02
  1. e-Govへアクセス
  2. 『状況照会』リンクをクリック
  3. 状況照会画面で「到達番号」と「問合せ番号」を入力
  4. 『照会』ボタンをクリックし、状況確認画面を表示させる
    ※状況照会はパーソナライズページからも可能です。

なお、公文書の取得については、審査等事務処理が終了してから状況照会により可能となりますが、同時にコメント通知の確認、取得、補正所の提出、申請・届出の取下げなども行うことができます。

キャリアウーマン_コンテンツ内

電子申請は意外に簡単ね!

api_コンテンツ内

最終段階ではすでに申請書ができあがってるから、あとは意思確認をしてチェックを入れて、提出ボタンを押すだけでいいよ。添付書類が必要な場合は最終確認で表示されるので、抜かりなくチェックしておこう!

外部連携APIでe-Govを使いこなそう

このページではe-Gov電子申請について、e-GovのWEBサイト上で操作する方法を解説してきましたが、実はe-Gov電子申請は「外部連携API」を利用して行うことも可能。外部連携APIを使用する方が操作性が高く、手間が少ないというメリットもあります。

外部連携APIとは、e-Govのシステム(UI)ではなく、外部のソフトウェアを利用した電子申請のことです。外部連携APIはe-Govと違ってパソコンの制約がなく、e-Govのサイトを開かずソフトウェアから直接申請できます。

また、申請データと到達番号の紐付けが自動で行われることで一括申請が可能になるなど、行政手続きの労力軽減ができるのも利点でしょう。政府も外部連携APIによる電子申請を行うことを前提にe-Govを提供しているため、効率よく申請を進めたいなら導入を検討してみてください。

e-Govを使いこなすならズバリこれ!おすすめ外部連携API3選!

対応帳票数97種!
法改正も自動で更新
オフィスステーション

利用月額
(50人相当)
440円
登録人数・アカウント無制限
対応帳票数
109種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ 専任スタッフ

帳票はすべて台帳マスタに紐づいており、帳票に入力した内容が台帳にも自動入力されますから、申請書類作成の時間を大幅に短縮可能。

オフィスステーションの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

クラウドで
従業員情報を一元管理!
SmartHR

利用月額
(50人相当)
600円
/1ユーザー
※2021年10月時点、公式HPで料金が確認できません
対応帳票数
約10種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ 専任スタッフ

労務手続き、Web給与明細の発行も可。オプション機能や連携サービスの活用で会社にあった使い方ができます。

SmartHRの
詳細を公式HPで
チェックする!

経費精算・処理に関する
機能も搭載
ARDIO(R)

利用月額
(50人相当)
要問合せ
/1ユーザー
対応帳票数
不明
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ 専任スタッフ

パッケージプラス®マイナンバーロッカーシステムと連携しマイナンバーの管理も可能。

freeeの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

e-Gov外部連携API対応
ソフトウェア・サービス一覧

※当サイトで紹介しているe-Govの外部連携APIの中から2019年4月時点で初期費用無料、アラート機能、クラウドシステム、既存システムとの併用のAPIをピックアップ

               

e-Govが公式に認定している外部連携APIシステムを操作性や機能、価格で徹底比較。必要な機能をしっかり見極めて、業務改善にぜひ活用してください!

詳細を見る