使いにくいe-Gov徹底マニュアルガイド! » e-Govの使い方 » e-Gov電子申請アプリケーションの起動について

e-Gov電子申請アプリケーションの起動について

e-Gov電子申請アプリケーション起動後の使い方

e-Gov電子申請は、「e-Gov電子申請アプリケーション」を通して行われます。

ここでは、e-Gov電子申請アプリケーションの起動のさせ方や使い方について紹介しましょう。

【STEP1】e-Gov電子申請アプリケーションを起動する

e-Gov電子申請アプリケーションの起動方法は、以下の3パターンがあります。

(1)手続検索画面から起動させる
手続検索画面で該当する手続名を探し、その詳細案内ページにある「申請する」ボタンをクリックしたとき。

(2)「パーソナライズ開設」「パーソナライズ照会」
事前に登録した「パーソナライズ開設」「パーソナライズ照会」を選択したとき。

(3)電子申請メニューから選択
電子申請メニューより、申請・届出したいメニューを選択したとき。

いずれかの方法で、「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」画面に進み、起動ボタンをクリックすることでアプリケーションが立ち上がります。

【裏ワザの使い方】もっと簡単に起動させるには?

「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」ボタンの直下に、「次回からはこの画面を省略し、直接アプリケーションを起動する。」というチェックボックスがあります。

ここにチェックしてボタンをクリックすることで、e-Gov電子申請アプリケーションをスピーディに起動させることが可能です。

ただし、このチェックボタンには有効期限があり、180日後にはリセットされます。

【STEP2】セキュリティ警告を確認

「e-Gov電子申請アプリケーションを起動」ボタンをクリックすると、「セキュリティ警告」のダイアログが表示されることがあります。

例えばInternet Explorerの場合、「このWebサイトがこのコンピューターのプログラムを開くことを許可しますか?」というメッセージと、プログラム名やアドレスが表示されます。

プログラムが「eGovClient」となっているかを確認し、「許可(A)」ボタンをクリックすればOKです。

プログラムが「Program」と表示される…

Window7のパソコンでChromeを利用している場合、上記セキュリティ警告のプログラム名に「Program」と表示されることがあります。これは不具合・誤作動ではないため、そのまま「許可(A)」ボタンをクリックして進んでください。

アプリ起動後の申請をラクにする労務手続システム

e-Gov電子申請アプリケーションを起動させれば、申請手続きフォームへ進みます。ここで、申請ごとに同じ内容を何度も入力するなど、手間がかかることも。

これを解決するのが、外部連携APIの労務手続システムです。申請や公文書取得などが簡単にでき、業務負担の軽減にもつながりますので、ぜひ検討しましょう。

e-Govを使いこなすならズバリこれ!おすすめ外部連携API3選!

対応帳票数97種!
法改正も自動で更新
オフィスステーション

利用月額
(50人相当)
100円
/1ユーザー
対応帳票数
90種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

帳票はすべて台帳マスタに紐づいており、帳票に入力した内容が台帳にも自動入力されますから、申請書類作成の時間を大幅に短縮可能。

オフィスステーションの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

クラウドで
従業員情報を一元管理!
ジョブカン

利用月額
(50人相当)
500円
/1ユーザー
対応帳票数
7種類
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

従業員情報の項目は自由にカスタマイズでき、会社に必要な情報を多様な形式で情報収集し、労務業務をしっかりサポートしてくれます。

ジョブカンの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

経費精算・処理に関する
機能も搭載
freee

利用月額
(50人相当)
355円
/1ユーザー
対応帳票数
27種類以上
アラート機能 クラウドシステム 既存システムとの併用 チャット機能 本人入力ページ

「会計freee」と連携させることで、従業員ごとの承認された経費精算額を、給与に自動反映させることも可能。

freeeの
詳細を公式HPで
チェックする!

電話でのお問い合わせは
こちらから

e-Gov外部連携API対応
ソフトウェア・サービス一覧